風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
新型コロナウイルス関連

【番外編】新型コロナウイルスと風俗業について

こんばんは!風俗専門アドバイザーのはやさんです!

「新型コロナウイルス」この言葉を耳にしない日はない昨今の世の中ですがいかがお過ごしでしょうか?

この新型コロナウイルス、人の身体的にはもちろんのことですが、経済的にも急激に悪影響を与えています。

我々の風俗業界も例外ではなく、コロナウイルスの影響で店舗を維持出来ずにやむを得ず閉店してしまった店舗もあったり、破格の料金設定でギリギリを保っていたり、決して余裕のある状況とは言いがたいところでしょう。

もちろん店舗さんだけに限らず、当風俗ガイドブックをご覧になられている風俗嬢の皆様も稼ぎが落ちてしまったり、出稼ぎの受け入れ先が無くなったり、はたまた出稼ぎ先で保証のトラブルが発生したり。

でも稼がないといけない!!風俗業界に生きる皆様には何かしら稼がないといけない理由があると思います。学費や借金、ホストクラブでの未収金の返済。生活費。様々でしょう。

前置きが長くなりましたが、そこで今回は「新型コロナウイルス」とはどのようなものなのか、我々の風俗業界への影響や対策。をテーマに解説を行っていきます!

では参りましょう!!

新型コロナウイルスとは

正式名称は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」感染のパターンは主に2種類あります。

余談ですが、歴代にわたってコロナウイルスとは呼吸器にまつわる感染症で、2002年に「SARS」と呼ばれるコロナウイルスの流行、時を経て2012年には「MERS」と呼ばれるコロナウイルスが世界的に流行しました。

その感染パターンとは、物を媒介して感染するもしくは咳やくしゃみなどの飛沫感染が感染経路として考えられると言われています。

物を媒介して感染するとは、手などに細菌がついたままの状態でパンを食べたり、花粉症がゆえにティッシュで鼻をかんだりなど手を顔の近くに近づける事で感染する事を言います。

飛沫感染とは咳やくしゃみなどで、細菌を飛ばしたり飛ばれたりする事で感染する事を言います。

これはインフルエンザウイルスと同じで、街中やテレビやネットで良く見かける「手洗いうがい」の呼びかけはこの二つの感染経路が考えられるからです。

この新型コロナウイルスはインフルエンザにも似た症状と言えますが、インフルエンザと違い比較的中年齢層から高年齢層の免疫力の低下が著しい年齢層に多く見られています。

風俗業界には非常に多いお客さんの年齢層です。

これまでのコロナウイルス(SARS/MERS)と違い、抗ウイルス剤が未開発の状況や、感染後の重度の肺炎を引き起こす事から外出を自粛したり、不特定多数を相手にしている風俗遊びが敬遠されてしまい、今の厳しい状況が続いていると言えるでしょう。

新型コロナウイルスに感染しない為に

前述したように新型コロナウイルスには2つの感染方法が存在します。

それぞれの方法で感染しないために推奨されているのが

  • 正しい手洗い…手のひら→手の甲→指先と爪の間→指の間→親指と手のひらをねじりながら洗う→手首
  • 正しいうがい…強めに2~3回口内をゆすいで吐く→15秒ほどのガラガラうがい(2回)
  • マスクの着用…鼻と口を確実に覆うこと(マスクが無い場合はティッシュ・ハンカチなどで咳などは対応)

以上の事は常日頃から行うべき行動です。

また、出先などにはエタノールを使用したアルコール消毒液が置かれていますので、使用することをオススメします。

新型コロナウイルスにおいても、エタノールを使用しているアルコール消毒液はウイルスを消すのに効果的です!

決して年配の方がかかる病気ではなく若年層だろうが乳児だろうがかかってしまう病気へと発展しています。

正しい方法で継続的に行うことが一番の予防と言えるでしょう。

風俗業と新型コロナウイルス

当風俗ガイドブックをご覧になられている皆様にとってはここが一番気になる点ですよね。結論から言います、めちゃくちゃあります。

残念ながら風俗のお仕事は、このような状況になった時に自粛されがちな業界です。

そのため、風俗店利用者が激減していて老舗だったお店がやむを得ず閉店の運びになったり、格安の客料金に設定したりの措置でギリギリの店舗ももちろんです。

「新型コロナウイルス感染者とプレイした風俗嬢とプレイしてしまわないようにほとぼりが冷めるまで風俗行くの辞めておこう」

残念ながらこれが昨今の客心理の現実です。

そんな事思っているくせに通勤で混雑する電車に乗って、人が密集する会社のオフィスに居たりするのに。

こんな事を言い始めたらキリがないですが、我々の風俗業界はとても切り離されやすい世界です。

ですが、風俗で働かれている皆様も「誰がウイルスを持っているか分からないのに接客するのに抵抗がある」「病気にかかりたくない」とお思いでしょう。

地場在籍店、出稼ぎ先問わず働く場所をどこに設定したとしても確約された安全がない状況となって来ています。

ただし、風俗嬢・風俗客問わずある程度のリスク回避は出来ます!

感染を防ぎつつ仕事を行うには

  1. 各所消毒活動の徹底
  2. 体温チェック
  3. 写メ日記の活用

以上3つの事柄をちゃんと行うことが大切です。

  • 各種消毒活動の徹底

これは前述したように正しい手洗い・うがいを行うのはもちろんですが、その他にも物を介してウイルスが感染してしまう経路はあります。

例えば、オプションなどに使われるおもちゃなどあらゆる可能性のある物に対して消毒を行うことは非常に大切です。

また、箱ヘルやソープのお仕事に従事する皆様にはプレイ後のお部屋の換気をオススメします。ウイルスは湿気に強いものですので、シャワーやお風呂を使用した後はプレイルーム内の湿度が高くなってしまいます!

  • 体温チェック

現在、メディアで呼びかけされているのは「37.5度以上の発熱が4日以上続いていれば医療機関に相談」という呼びかけがされています。

これはあくまでひとつの指針でしかないですが、目で見て分かることなので人事だと思わず毎日実施していきましょう!

  • 写メ日記の活用

これが最も重要な要素となります。本来写メ日記とは自分を知ってもらうツールのひとつで、使い方は多種多様なのが現状ですが、上手く使えば集客力が格段に上がります。

最近では、店舗さん側が大幅値下げイベントを行う他、女の子個人が写メ日記を通じて個人的なイベントを打っていたりなども。

というのも、この業界に居る方ならどこがで一度は聞いたことがあると思いますが、お客さんはお店のホームページや女の子のパネルよりも「写メ日記」を一番重要視しています!!

つまり、一番自分自身をアピールできる場所なんです。

ボディライン、プレイ内容(エロさ)、実際の顔立ち、文章から感じるその子の雰囲気など。自分が損した気分にならない為にも写メ日記を徹底的に見て吟味するお客さんは大半です。

では、この写メ日記をどう活用するか…。

新型コロナウイルス感染に対する予防、対策を徹底して行っている

ということをアピールする場所にうってつけなのです。

お客さんも感染に対する不安感のせいで風俗遊びを自粛している人が大半です。

写メ日記を通じて上記の消毒活動や体温チェックのアピールをしてあげるだけでも、不安感は取り除かれます。

日常的なエッチな写メなども大切ですが、このような内容もしっかり組み込んであげるだけでもあなたのお客さんが着実に増えていきます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

未だ終末の目処が見えていない新型コロナウイルス、それに影響されたコロナショック。

どうしようもないことが今後たくさん出てくるかもしれませんが、一人ひとりの行動がこの先大きく影響します。

不要不急な活動の自粛が一番ではありますが、そうも言ってられないのが社会の現状ですし、皆様の現状でしょう。我が身で稼いでいるわけですし尚更。

この大不況の中でも稼げるお店の提案、稼ぎ方の提案。お任せください!

そんな皆様の助けになれるよう、徹底的にサポート致します!

 

※メールをご希望の方はこちらから