風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
風俗嬢と性病

【解説】性感染症についてVol.1

こんばんは!はやさんです!

「新型コロナウイルス(COVID-19)」感染症、未だに猛威を振るっていますね。

外出自粛の緩和や、休業要請の解除。新しい生活様式の始まりを今見せています。我々風俗業界においても少しずつ、回復の動きが出て参りました!

出稼ぎ受け入れ先の増加や、店舗側からの求人募集。ありがたいことに外出自粛の緩和により、お客さんの足取りも増えて来たことによるものですね。

ですが、後の未来に新型コロナウイルスの滅却が出来たとしても風俗嬢にはそれよりも身近に「性感染症」と言うものがありますよね…。

収束なんて言葉があれば嬉しいものですが、これから先もまだまだ性感染症とは付き合っていくわけです。

そこで今回は、この「性感染症」についての解説を行っていこうと思います!知っていることはおさらいとして、知らないことは頭の片隅にでも。。。

また、これから風俗のお仕事を始める方も是非見て知っていただけたらと思います!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから

では、参りましょう!

性感染症とは??

性感染症とは、医療機関の間では”Sexually Transmitted Diseases”通称:STDと呼ばれる性行為により感染する感染症のことです。

感染症とはいえ、このSTDは性行為でしか感染しません!性行為に従事する風俗嬢にはとても密接に関係している病気ですね。

また、風俗業種の多様化により感染経路も多種多様で単に「性行為」といってもセックス・アナルセックス・オーラルセックスの総称となります。

このSTD、厄介なのは自覚症状が出ないケースが多く見られることで、風俗嬢の場合、いつ・誰と・何をしたか。感染経路が不明になってしまいます。

逆を言えば、あなたがいつ誰に移したかも分からないということです。

定期的な性病検査を心がけましょう!

では、風俗における感染症とはどのようなものがあるのでしょうか。

クラミジア

風俗業だけに限らず、感染者の数が一番多い性感染症が多い病気のクラミジア。特に無責任な性行為の回数が多い若者に多く感染しています。

ほとんどの人が、自覚症状がなく女性の場合は不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

クラミジアは、精液や粘膜に存在するクラミジアが口や膣などの粘膜に感染します。セックス・オーラルセックス・アナルセックスにより感染し、最近ではフェラチオなどのオーラルセックスが一般的になっているので、喉への感染なども多く見られます。

また、1回の性行為で30%~50%の確率で感染します!

症状は女性の場合

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 腹痛
  • 性交痛
  • 喉の痛み、腫れ
  • 発熱(喉に感染した場合)

においなどが変化しないので、女性でもなかなか気づかずに放置されがちですが放っておくと子宮外妊娠や不妊症を起こしたり、感染したまま出産してしまうと赤ちゃんにまで感染することがあります。

また、男性の場合は尿道から膿が出ることがあるので参考までに。

定期的な性病検査を心がけましょう!

淋病

男性に多い病気で、特にオーラルセックスには注意しましょう。女性の場合は無症状の方も多く見られます。

一回の性行為で感染する確率はおよそ20%~50%。

近年では、抗生物質の効かないタイプの淋菌が増えてきていて治療が難しい状況になっています。

症状はクラミジアと類似していて

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 腹痛
  • 性交痛
  • 喉の痛み、腫れ
  • 発熱(喉に感染した場合)

 

特に男性は排尿時に激痛が走るのが特徴です。

こちらも、定期的な性病検査を行ないましょう!

カンジダ

カンジダはカビの一種で、女性は元々膣の中に存在していると言われ、他の性病とは違い免疫力の低下している時に発症しやすい病気です。

また症状が出ている際の性行為は症状を更に悪化させるので避けましょう。

症状は

  • 膣のかゆみ
  • ヨーグルト状のおりもの
  • 性器の炎症(痛み)
  • 性交痛
  • 排尿障害

風邪や疲労感、ストレスなどで免疫力が低下した際や妊娠などで症状が出ることがあります。

男性の場合は特に包茎の方に多く、症状が出た場合は亀頭が赤くただれたり、かゆみなどの症状が出やすくなります!

トリコモナス

トリコモナスは微生物が原因の病気で、性行為ではセックスでの感染となりますがそれ以外にも下着やタオル、便器や浴槽に付着した微生物での感染する可能性があります。

また、感染した場合おりものの形状やにおいが特徴的な病気ですので比較的分かりやすい病気とも言われていますが、自覚症状が出ない確率はおよそ20%~50%です。

症状は女性の場合

  • 泡状の悪臭の強いおりものの増加
  • 膣の痛みや強いかゆみ

 

男性の場合、尿道から膿がでたり軽いかゆみが発生するのが特徴です!

まとめ

いかがだったでしょうか??

感染した経験のある病気などもあったのではないでしょうか。

これから先、このSTDとは向き合っていかなければなりません。とはいえ、昔と比べ治らない病気たちではなくなって来ているのも昨今の現状です。

お医者さんがよく言うセリフではありますが、状況を判断しつつコンドームの着用を心がけましょう!風俗嬢に向けて性行為はするななんて言えませんし、全業種に対しても一番現実的な予防策ですから。

あとは、定期的に性病検査をオススメします。ソープのお仕事では定期的に性病の検査結果の提出を強制している店舗もあります!

感染経路が分からないことの方が多いため、お客さんの不満は全て悪評やクレームとして風俗嬢に向けられてしまいます。

なにより、女性ですから妊娠・出産。新しい命を守ってあげなければなりません。健やかなお子さんを生んであげるためにも、自分の為にも。症状が無くても、性行為に関わる身として検査を行なったことがないのであれば今後は定期的に行ってみましょう!

新型コロナウイルス感染症においてもそうですが、少しでも安心して遊べる決め手を作ってあげることが、この先の安定した収入を勝ち取るのに必要なことです!

次回は、性感染症の中でも重症または重症化しやすい病気の解説を行いますのでそちらも是非ご覧ください!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから