風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
コラム

【コラム】あなたは風俗業をいつ辞めますか?

こんにちは!はやさんです!

風俗のお仕事を選ばれる方は、人それぞれ様々な理由でこのお仕事を選ばれます。

とはいえ、「お金が必要」や「お金を稼ぎたい」という漠然としたものを理由に風俗のお仕事にチャレンジされる方が大多数だと思います!使い道はさておき。

ひとつ聞きますが、辞め時考えてますか?

目標無しに風俗業界に長く居てもいいことはありません。金銭感覚は狂い、一般的な社会生活や日常生活を送る人たちと感覚がズレてしまいます。

今まで一緒に居た友達が自分が風俗業をやっているのを知って離れていったり、お金目当てに一緒に居たり。

ホスト通いにハマってしまえばどっぷり風俗業に浸かってしまうことも…。

極論言えば稼ぐために人が出来ないことを、身体張ってやっているだけなのでいいでしょうということなんですが、いつどのタイミングで辞めるかはしっかり考えて過ごすことを強くオススメします!

そこで今回は、ズルズルと風俗のお店で働かずにキッパリと辞めてしまうために大切な辞めどきを一緒に考えていきましょう!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから

では参りましょう!

女性が生涯でもらえる給料とは

女性でも男性でも、もらえるお給料の金額が仕事の判断基準やモチベーションなのは確かですよね。風俗でいえば保証やバックの金額でお店に在籍するか否かの判断材料にしたり。

人には一般的な社会人の生涯にもらえる給料(生涯賃金)の目安があります!

これは最終学歴を卒業した女性が一般企業に就職して定年退職(60歳)を迎えるまでにもらえるお給料の金額で、正社員なのか非正社員なのかや、学歴によって大きく差があります。

正社員の場合

・大学を卒業して以降の場合:2億2,000万円

・専門学校、短大を卒業して以降の場合:1億8,000万円

・高校を卒業して以降の場合:1億5,000万円

・中学校を卒業して以降の場合:1億4,000万円

 

非正社員の場合

・大学を卒業して以降の場合:1億2,000万円

・専門学校、短大を卒業して以降の場合:1億1,000万円

・高校を卒業して以降の場合:1億円

・中学校を卒業して以降の場合:1億1,000万円

 

近年では定年退職対象年齢も変化があり、多少前後しますのであくまで目安となります。

風俗嬢の平均年収

一般企業に勤める女性社員が60歳前後で定年退職することに対して風俗嬢は18歳からだいたい40歳前後までの間に風俗業を辞める方が多く、女性社員は年を重ねるごとに収入が段々上がってきます。対して風俗嬢は年を重ねるごとに段々と収入が減っていきます。

性的サービスをしてもらえるのが風俗の醍醐味ですから、若くてピチピチな女の子の方が人気も需要があるのは至極当然のことです。

さて、風俗嬢の平均月収ならびに平均年収はいくらでしょうか?

風俗嬢の平均月収/平均年収

約431,000円/約5,172,000円

風俗嬢の収入は稼ぐ子稼がない子、従事する業種でバラつきがあるのであくまで参考程度ですのでご注意ください!

ちなみに、女性社員の平均月収はおよそ262,500円平均年収はおよそ3,150,000円と言われています。

突発的に辞めてしまう理由とは

風俗業のみならず夜の業界は入れ替わりの激しい業界です。昨日までお店で働いていた子が突然辞めてしまったり、数日、数ヶ月、数年後と時間が経過してからまた他のお店で夜の業界に戻っていたりと。

これには解説しきれないような幅広い理由がたくさんあると思いますので、全ての真実は分かりません。

ですが、入れ替わりが激しい業界だからこそ突発的に辞めてしまう、辞めてしまえるのも事実です。ではその理由とは何でしょう?

  1. 精神的に病んでしまう
  2. 身バレ
  3. 男関係
  4. 不満

 

大きく分けるとこのような理由がて突発的に辞めてしまう理由として挙げられます。

①精神的に病んでしまう

そもそも一般人にとって風俗は、ネガティブな印象を持たれやすい業種です。

私も幼い頃は「汚い」という印象を抱いていたこともあります。

これをご覧になられている皆様も幼い頃そんなことを思っていたことありませんか?

だからこそ、風俗嬢をやっている自分に「落ちぶれた」ような感覚が襲い、虚無感に襲われる方が病んでしまいます。

また、好きでもない相手と性的行為をするわけですから、肉体的にも精神的にもしんどい思いをするのは当然です。

そんな異様なまでのストレスと虚無感で病んでしまい辞められることがあります。

②身バレ

風俗は内緒のお仕事として秘密にしながら働いている方が大半です。

自分が風俗をしているのが周りにバレたから辞めるというのは非常に多い事例です。

友達にバレる、彼氏にバレる、旦那にバレる、家族にバレる。

後ろめたい気持ちの強い風俗業ですので、そこから誰かに拡散されるのは嫌な話なのでそれをきっかけに辞める方が多いです。

③男関係

「彼氏ができたから」「結婚するから」「担当ホストに風俗を辞めろ」と言われた。

風俗嬢も女性です。彼氏が出来れば肉体関係ばかりのお仕事に後ろめたさを感じます。

好きな彼に辞めろと言われれば辞める決心が付くことだってあります。

個人的には結婚を機に辞められる方は出戻りの可能性が一番低いです!

④不満

給料(バック)、客層、内勤スタッフ、お店の女の子と合わない。満足が行かない。

そのような不満やストレスを抱えていると、他所に目が行きますし甘い話が魅力的に見えてきます。

直接アプローチがかかれば、そのまま声のかかったお店に移店することも日常茶飯事です。

これは、直接的に風俗業を辞めるというわけではありませんが転々とお店を移動し続けると最終的に自分の働き口がなくなって、精神的に病んでしまう事もあります。

改善できそうなところは改善して、どうしても解決しない不満があれば移店を検討しましょう!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから

辞め時は長い目で見て考えて!

生涯女性が稼げる金額は=生きていける金額とも言えます。

風俗嬢の平均月収なんて正直何にも参考にならないと私は思っていますが、あなたが今風俗嬢をやっていて月収が平均以下なのか平均以上なのかの目安にはなるかと思います!

私がご相談に乗らせてもらっている方も、月に100万円以上稼いでいる方もいれば月に10万円を下回る方も居ます!

残念ながら辞め時を考えたとき或いは辞めるタイミングはどちらの方も一緒くらいでしょう。

前者:「ある程度のお金が溜まって貯金が出来たから辞める」

後者:「風俗のお仕事をやっていても稼げないから辞める」

ですが、完全に辞めきれるのは前者だけだと私は思います。後者の方の場合はやはり出戻りをしてしまう傾向にあるからです。

もちろん、辞められる理由も様々ですので一概には言えませんが辞めきれるか辞めきれないかは結局、あなたがこのお仕事でどれだけのお金が溜まっているかが重要だと私は思います。

新型コロナウイルスの影響でこの仕事を選ぶ方も多くいると思いますので、是非私にあなたの辞めどきを一緒に考えさせて下さい!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから