風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
風俗嬢と確定申告

【確定申告】風俗嬢もやるべき?

こんにちは!はやさんです!

風俗のお仕事副業としてやられている方、本業としてやられている方。大半は本業があって副業で風俗のお仕事をやっている人が多いのではないでしょうか?

ひとつ気になるのが、風俗嬢と税金の関係性や、確定申告について。

社会に出ると、国に税金を納めるという国民の義務があります。要するに何らかの仕事を始めれば収入が得られるので、納税をしなければなりません。

とはいえ、、、風俗してて納税してる、ましてや確定申告をしているなんて聞いたことありますか?

そこで今回は、確定申告とは何なのか風俗と税金の関係性について解説していきます!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから

では、参りましょう!

確定申告とは??

冒頭でも書いたように、我々は国に税金を納める義務があります。税金の種類も様々です。収入を得れば所得税、何か商品を買えば消費税、タバコやお酒を買えばタバコ税・酒税、車に乗れば自動車税など。他にも親御さんが亡くなった際の遺産を相続した場合の相続税や、各都道府県のどこかに住居している場合の住民税など。

人のあらゆる社会生活、日常生活には常に税金が付きまとっています。

簡潔に言えば、確定申告とは1年間通して所得税をいくら納めているのかを税務署に報告をする報告書のことです!

これは自分で起業をしているフリーランスや個人事業主(サラリーマンのように会社に雇用されていない人)を対象にしたもので、1年間の収入と必要経費を差し引いた利益(所得)から所得税を計算したものです!

また、サラリーマンや他の会社員の方などは、雇用されている人のため、毎月のお給料から税金をがあらかじめ引かれて支給されています。引かれた税金はその人に代わって会社が納税しているため確定申告を行なう必要がありません。

じゃあ、風俗嬢は??

風俗嬢はお店に雇用されているようなケースは少なく、基本的にはお店と「業務委託契約」の関係にあります。

業務委託契約とは、お店から仕事を請け負いその仕事をこなして報酬を得る。といった感じで、デリヘルでもソープでもお店からのオーダーを個人に委託するということ。

つまり、風俗嬢は立場上フリーランス(個人事業主)に当たりますので確定申告は必要となります。

前述したように確定申告では所得(利益)の計算を行なう必要があります。

所得の計算方法

  • 所得(利益)=1年間の収入(バック)-1年間にかかった必要経費

必要経費に注意!

前述したような計算方法でとりあえず所得は分かりますがそこで厄介になってくるのが、必要経費の計算です。

必要経費とは、収入を得るためにかかった費用。つまり仕事に関連して使ったお金のこと。風俗嬢の必要経費には以下のようなものがあります!

風俗嬢の必要経費

  • 下着の購入費
  • 洋服やドレスなどの衣装の購入費
  • 服のクリーニング代金
  • コスメなどの化粧品の購入費
  • アクセサリー代金
  • ヘアー、ネイル、エステ、マツエクなどのサロン代金
  • 脱毛費用
  • 携帯電話の支払い
  • 電車、タクシーなどの交通費
  • その他

などが必要経費として考えられます!

経費として計上するには、購入または支払いを証明するレシートあるいは領収書が必要となります。

確定申告をしていないことがバレたら…

先ほどもお伝えしたように、収入の得て所得(利益)を出している個人事業主やフリーランスの方は確定申告を行なう義務があります。風俗嬢も個人事業主に当たるので確定申告は必要と言えます。

また、確定申告をしていない人がいるかどうかは税務署が常に目を光らせています。万が一確定申告をしていないことが税務署にバレてしまった場合を「申告漏れ」といい、申告漏れが発覚した際は重いペナルティが課せられますので注意が必要です。

また、国税庁が公表している申告漏れ所得金額が高額な業種ランキングによると、毎年風俗業は上位に来ています。

それだけ申告漏れが発覚する件数の多い業種というのは事実です。

では、申告漏れが発覚した場合のペナルティとはどのようなものなのでしょうか。

  1. 延滞税
  2. 無申告加算税
  3. 重加算税

 

などが上げられます、要するにペナルティとは税金という名目の罰金のことを指します。

①延滞税

 

延滞税

確定申告をしていようが、していまいが税金の納付期限までに納付しなかった場合に発生する、ビデオレンタルやクレジットカードなどの支払いが遅れた場合に支払う延滞料金のようなもの。納付金額に延滞税率と延滞日数をかけたもの。

1.納付期限から2ヶ月以内…納付金額×(7.3%もしくは特例基準割合+1%)×日数

2.納付期限から2ヶ月以上…納付金額×(14.6%もしくは特例基準割合+7.3%)×日数

①と②の合計が延滞税として請求される。

※()内はどちらか低い方を選ぶこと

 

②無申告加算税

 

無申告加算税

税務署から私的を受け、申告期限以内に申告ができなかった場合の罰金。

納める所得税の金額に応じて無申告加算税も変わる。

1.50万円以内の所得税の場合…所得税金×15%=無申告加算税

2.50万円を超える所得税の場合…(50万円×15%)+(所得税金から50万円を引いた金額×20%)=無申告加算税

 

③重加算税

 

重加算税

脱税などの目的で確定申告の内の一部を悪質な隠ぺい・仮装したと判断された場合に課せられる罰金のこと。申告しているか申告していないかで、課せられる税率が異なる。

1.申告していた場合…所得税金×35%=重加算税

2.申告していない場合…所得税金×40%=重加算税

罰金だけでなく、発覚以降は税務調査が入る頻度が上がることが多くなる傾向にあり、悪意がなくとも調査員が出世のために故意に問い詰めてくる場合もある。

簡単には課せられないペナルティ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

風俗業界に居ると税金関係は、いまいち把握しきれておらず認識の甘い印象があります。その証拠に無申告者の多い業種も上位であると言えますから。

とはいえ、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ここから先風俗嬢も確定申告を行なった方がいいかもしれないのも事実です。

それはなぜかの解説は次回、風俗嬢の確定申告の実態について触れていく際に一緒に解説して行きます!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから