風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
コラム

【なぜ?】ホス狂が増える理由分析してみた

こんにちは!はやさんです!

夜の仕事で働く女性たちの中には、ホストクラブに狂ったように通う「ホス狂」と呼ばれる女の子たちが、多く見られます。

ここ数年は風俗業で働く理由に「ホストクラブで遊びたいから」とか「担当に貢ぐため」とか何かとお金とホストが絡んでいるケースも少なくありません。

キャバ嬢をしてたけど、ホストクラブで遊べないからデリヘルへ転身、デリヘルからソープへ、ソープから高級ソープへあるいはAVへと転身する方も多いです。

ではなぜ、ここまでホストクラブにハマってしまう女の子が続出してしまうのでしょうか。今回はホストクラブにハマってしまう風俗嬢について分析していきます!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから

ホストクラブに行くきっかけとは

ホストクラブに初めて行った日から、どっぷりホストクラブにハマる。なんてケースはまずありません。普通のパブリックバーや居酒屋などお酒を提供しているお店と比べると独特の雰囲気をかもし出していますし、ホストクラブの従業員たちも幅広いジャンルの男性層が働いているから、全てのフィーリングが合致することがあまりないからでしょう!

余程のイケメンが居て、一目惚れでもしようものなら話は別かもしれませんが。

そんなホストクラブに行くきっかけは多くはありませんが、少なくもありません。

友達と飲みに出た2,3軒目にノリで行ってみる、先輩との付き合いで連れて行かれるなど、昼の仕事・夜の仕事問わず単独ではなく誰かと一緒に行くことが多いでしょう。

特にキャバクラやラウンジ勤務の水商売の方たちなどは、一度お店に来てくれたお礼に。あくまでお返しのためにホストクラブへ行く場合が多いです。

その為、昼の仕事をしている方より夜の仕事をしている方のほうがホストクラブに足を運ぶきっかけが多いと言えます!

SNS、YouTubeの普及で敷居が下がった

SNSやYoutubeの発展は、ホストクラブとはどのような場所なのか、世間の認識を変えるのに非常に大きく関わりました。

これまであまりテレビのゴールデンタイムなどでホストクラブ関連の特集がなく実態が掴みにくいため、ある程度のイメージで理解していたホストクラブの実態、どんなホストが在籍しているのかがSNSやYouTubeを通してよりリアルに見えるようになりました。

今まであまりいい印象を持たれず懸念されていたホストクラブの敷居がいい方向に下がったことにより、遊びに行く女の子側もSNSなどを見て事前にどんなお店なのか、どのような男の子がそのお店に居るのかを知った状態で行けるので、良くも悪くもでしょうがある程度軽い気持ちでホストクラブに足を運べるようになったと言えます。

ちなみにそのせいでホスト系YouTuberなるものも生まれ、夜遊びが出来る年齢でもない女の子が既にホス狂になっていて、「夜遊びが出来る年齢になったら絶対に○○くんの居るホストクラブへ行く!」なんてまるでアイドルのライブに行くような気持ちでその日を待ちわびている若者が増えたのも事実。

これにより、風俗業界の競争率の上昇が助長されているとも言えます!

ホストクラブにハマる理由

風俗嬢がホストクラブにハマる理由はいくつかあります。

【風俗嬢がホストクラブにハマる理由】

・お金を使うことで承認欲求が満たされる

・ストレス発散のはけ口となる

・女性同士のマウントの取り合い

言い出したらキリがないので、実際に私が聞いた話などを参考にこの辺りに絞って分析していきます!

また、あくまで統計に沿った話などでご了承ください。

お金を使うことで承認欲求が満たされる

そもそも女性というのは、非常に繊細で承認欲求が強い生き物です!

その証拠に盛れた自撮りをTwitterでツイートしていたり、オシャレなカフェに行った時の写真やオシャレな食事をinstagramの投稿をしていたり。TikTokなどの動画投稿系のSNSなどを積極的に取り組んでいるのは男性よりも女性のほうが多いですよね!

ホストクラブでは、来店された女の子をまるでお姫様のように扱ってくれますし、あなたをオーバーなくらい褒めて、認めてくれます。

自分を否定しかされない場所よりも、自分を常に肯定してくれる場所のほうが居心地がいいのは至極当然なことです!

風俗嬢は、比較的お客さんや世間から否定的な目で見られますし風俗嬢自身も風俗という仕事を、風俗嬢としての私を否定的な思いを抱いている方が多いでしょう。

また、男性だろうと女性だろうと、例えお世辞でも「かっこいい」「可愛い」などと言われるのはお世辞と分かっていても嬉しいものです。

様々な角度から褒められたり、風俗という大変な仕事を頑張っているという自分自身の頑張りを評価してくれると精神的に気持ち良くなるので居心地のいい場所として認識されます。

そうやって、少しずつ隔たりを無くして承認欲求を満たされ、「私の居場所はここだ」と認識した女性はホストクラブという空間にハマって行く傾向にあります。

ストレス発散のはけ口になる

風俗嬢の誰しもが性的欲求を満たしたくて風俗のお仕事を選んでいるわけではありません。全てはお金のため。

誰彼かまわず男性器を触りたい・舐めたい・挿れたい。なんて感情を持って風俗嬢をやっている人なんてまず少ないでしょう。

好きでもない男性の性欲をお金のためにと言い聞かせて満たしてあげるのですから。そうとも知らずに男性側は、風俗嬢に対してさげすんだ目を向けたり雑で乱暴な扱いをしてきます。

風俗嬢の抱えるストレスは計り知れません。

でも、そのストレスのはけ口が風俗嬢は非常に少ないです!基本的に風俗のお仕事は周りの人間には隠してやっているお仕事だと思うので、愚痴を吐ける相手もなかなかいません。

その溜まったストレス発散や愚痴を吐くのにホストクラブはうってつけです!

ホストは、自分が風俗嬢だと公表しても誰も引きませんしさげすんだ目を向けることなく普通の女の子として接してくれます!

身のまわりの友達と違い、ある程度どのような世界なのかは元より知っているので話はしやすいので、愚痴を吐くことだってできます。

そんな隠し事のいらない場所は自分にとって楽な場所でしかないのです!

女性同士のマウントの取り合い

これらの理由と言えど、密度の濃い関係性をホストの方と築くので担当とお客さんの隔たりがなくなり、恋に落ちることも多いでしょう。

ホストクラブにはホスト同士のナンバー争いの側面に、女性同士のマウンティング争いがあります。

「私はこれだけ稼いでいるからすごい人だ」とか「私はこれだけ担当に必要とされている」など、自分が他者よりも優れた女性であることをアピールする場として高額なシャンパンを卸したり、シャンパンコールなどで注目を集めたりなど。ナンバー争いの側面でいかに自分がいい女かをアピールする女の戦いが行なわれています!

実際、その戦いに参加したいがためにホス狂になるなんてことはないでしょうが、その戦いに自分が参加する頃には既にホストクラブの空間に、担当のホストにハマっています。

このマウントの取り合いには承認欲求独占欲が絡んでいます!

高級シャンパンなどをたくさん卸して、派手な演出で目立てば担当のホストには必要とされ、それを見ていた女の子たちはすごい稼いでいる人だと賞賛され、承認欲求が満たされます。

担当に恋心を抱いていた場合はそのマウンティングの対象が同じホストを指名している女の子に向けられます。

自分が誰よりも担当のためにお金を使うことで、担当が自分のことを誰よりも必要としてくれて、誰よりも大事にしてくれる。

他の子よりも必要としてもらい自分の独占欲を満たすために、無駄だと分かっていてもかけがえのない存在になるためにマウンティング合戦へ参加していくのです。

まとめ:とにかく稼ぎましょう!

いかがだったでしょうか?

ホストクラブに一度ハマってホス狂になってしまえば誰にもその人を止めることはできません!彼氏が出来たから行くのを意識的に辞めたとしても、別れてしまえば元に戻りますし根本的な卒業にはならないでしょう。

ホス狂をやめる時は99%ホスト遊びに飽きたとき。前触れもなく不意に来ます。

それまではずっと、自分を突き動かす原動力はホストの影響もあるのです。

私はホス狂を否定的な目で見ることは基本的にありません。誰かのために頑張れる人は素敵ですし、応援します!

ですが、ダラダラとした中途半端なホス狂はこの先ずっと承認欲求をお金で買って夢を見続けるだけです。夢から冷めた頃には何も残っていません。

せっかくホス狂するなら、その空間で誰が見ても賞賛されるようなかけがえのない存在になって、自分のこれから先の自信に繋げた方がこの先富や名声、今まで認めてもらえなかった人を認めさせることが出来るようになっているかもしれません!

当風俗ガイドブックがあなたをこれから未来のエースになれるように徹底的にサポートさせていただきます!

お問い合わせは↓こちらから

※メールをご希望の方はこちらから