風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
AV女優編

【解説】#AV女優編:撮影前の4つの行程

こんにちは!はやさんです!

前回、AV女優には単体女優・企画単体女優(キカタン)・企画女優の3タイプの契約方法があると解説しました。

単体や企画単体など上位の女優になれば、AV撮影の他にもイベントやテレビなどのメディア出演などの芸能関係のオファーもあり後の汎用性の高い女優になれます!

ですが、顔出しが必須となるため表立ってこの仕事ができないと言う方にはなかなか不向きなのが特徴です。

AV女優の仕事を副業として行なうのであれば企画女優、企画女優は別名副業女優と呼ばれることもあり、少ない撮影時間で数万~数十万円とコストパフォーマンスに長けているので副業として人気です。

前回までの復習はここまで。

詳しく見たい方は【解説】#AV女優編3つの契約方法を学ぼうをご覧ください!

さて、今回はAVの撮影前に行われる過程について解説をしていきます!

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから

では、参りましょう!

AV女優の撮影までの流れ

AVの撮影までにはいくつかの手順があり、それを踏まえて撮影が行なわれます!

 

  1. プロダクションに所属する
  2. メーカーに営業(面接)
  3. メーカーからオファーを受ける
  4. 打ち合わせ
  5. AV撮影

 

AV女優は、基本的にAV女優のマネージメントをする事務所:プロダクションと実際にAVの作成・販売をするAVメーカーの2社によって成り立っています。

プロダクションからメーカーに売り込みを行い、オファーが来ればどういう撮影を行なって行くかなどの細かい打ち合わせを行い、後日撮影が行なわれます。

ここからは上記の流れを掻い摘んで解説して行きます!

プロダクションに所属する

前述したように、プロダクションとはAV女優のマネージメントを行なう事務所のことです。

プロダクションといっても芸能プロダクションやYouTuber向けのプロダクションなどいくつかのジャンルがあるので、差別化をすのであればこの場合AVプロダクションという呼び名になります!

プロダクションではマネージメントの他に、メーカーに女優の売り込みや撮影のオファーを持ってくるのもプロダクションの仕事です。

まずはこのプロダクションに応募して、所属しなければなりません。

応募方法はいくつかありますが

  • 電話
  • メール
  • ライン

などの風俗店に応募するのと同じような要領で応募ができます。

また、風俗ガイドブックでも大手プロダクションのご紹介は承っておりますので下記の友達追加ボタンをタップしてご連絡、もしくはメールにてご連絡ください!

※メールをご希望の方はこちらから

応募後は面談→面接→宣材の作成→メーカーに営業…の順に進んでいきます!

面談(仕事内容の説明)

今すぐにでもAV女優の仕事がしたいという方を除いては、今すぐの決断をしにくいものですしプロダクション側もその女の子が求める人材なのかどうかを実際に会って判断しないといけません。

そのためお互いの顔合わせも兼ねてプロダクションの方と一緒にAVのお仕事とはどのようなものなのかを説明してもらう場所を設けてもらいます!

いきなり事務所に出向くということはなく、基本的には喫茶店やカフェなどでお話することが多いです。

地方などの遠方に住んでいる場合は、プロダクションの方がお住まいの地域近郊まで来てくれることもあります!

面接

説明もきちんと受けた上で仕事の内容に理解、納得が出来ればそのまま、あるいは後日面接となります。

面接の際には、撮影にあたっての可能なプレイ・NGプレイや生理的に無理な男性(男優)のヒアリングなどを細かくしていき、身分証明書の確認を面接の際に行います!

AVプロダクションで必要な身分証明書は下記の通りです!

【面接に必要な身分証明書】

■20歳以上の場合

1.顔写真付きの各種運転免許証

2.パスポート

(3)パスポート+住民票

■20歳未満の場合(18歳以上)

1.顔写真付き各種運転免許証+親権者同意書

2.パスポート+親権者同意書

(3)パスポート+住民票+親権者同意書

AVの面接では、20歳未満の未成年の場合親御さんにAVに出演してもいいという同意を取らなければなりませんのご注意ください。

(3)のパスポート+住民票とは、2020年02月03日以降に申請されたパスポートには所持人記入欄という部分が廃止されました。そのため、本籍は確認できても現住所は確認できずパスポート一点では本人確認書類としての効力がありません。そのため補助書類として住民票が必要になります。

宣材の作成

プロダクションの面接も無事に合格となれば、プロダクションとのマネジメント契約を結び、プロダクション所属となります!

所属が決まったあとは、メーカーに売り込むための宣材(宣伝材料)を作成するため、女優のプロフィールや写真などの撮影を行ないます!

プロフィールには身長や体重、スリーサイズやバストカップなどを書いていきます。ここで書かれたプロフィールはメーカーに売り込む際に重要になるのできちんと書いておきましょう!

メーカーに営業(面接)

前述したようにメーカーとは、AVの撮影・作成や販売をする会社のことです。

プロダクションへの所属が決まったら、次はその女優を起用して撮影を行なってくれるメーカーを探していかなければなりません。

宣材だけでは、その女優の魅力やポテンシャルを十二分にアピールできないので、基本的にはプロダクションの方と一緒にメーカーへ自分を売り込みに行くのが主流のスタイルです。

メーカーへの営業は、事前にスケジュールを確認して都合のいい日に数社回っていきます。営業の際にはメーカー側からいくつかの質問が投げられますが、プロダクションにも話したようなNGプレイや過去の性体験などが聞かれます。

女優の性に対しての許容範囲を確認するのも目的のひとつでどれくらいのプレイなら出来そうか、その女優を起用したときに出来そうな撮影内容を判断するために確認されます!

ある程度の質疑応答が終われば、チェキのような簡易撮影を行なって終了という運びです。

実際、メーカーへの営業に同行するのは任意ですが、メーカーとしてもその女優に実際に会ってあいさつしてもらえるのは印象がいいですし、その女優に惹かれるものが見つかるのでオファーの際にもギャラの優遇がされたりするので積極的に参加しましょう!

メーカーからオファーを受ける

メーカーへの営業に行った後は、数日後にメーカーからプロダクションへ撮影のオファーが届きます!

オファーが来た際にはプロダクションから

 

  • どのようなプレイをする撮影なのか
  • いつぐらいに撮影をしたいのか
  • 撮影時間(拘束時間)はどのくらいか
  • 出演にあたってのギャラはいくらなのか

 

などの詳細が送られてきます。これに対して女優側がOKを出せば撮影が確定し、当日までの打ち合わせをする運びです!

打ち合わせ

AV女優としての出演が決まった後は、その撮影に関わる人たちとの打ち合わせに入ります。

打ち合わせでは、監督などの関係者が女優側が撮影にあたってのNGプレイなどをヒアリングしてしたり、当日のスケジュールなどを決めていきます。

打ち合わせはその内容を元にどういうコンセプトにするか、作品に合わせてどういうシーンを撮っていくかを細かく記載した脚本を作成するのに必要な行程ですので、しっかりと行ないましょう!

また、この段階で撮影の日取りやスタジオの予約なども決まるので確実なスケジュール管理が必要となりますのでご注意ください。

多くの人が撮影に関わるので私的な理由で撮影をキャンセルするとなれば多大な迷惑をかけてしまいますし、次の仕事が入らなくなる可能性もあります!

以上の行程を踏まえて、撮影当日になります。

次回予告

今回はここまで!

当風俗ガイドブックでは、数あるAVプロダクションの中で皆様が安心して所属出来るプロダクションのご紹介を承っております!

出張面接などのご対応も致しますのでお問い合わせ、ご応募お待ちしてます!

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから

次回はいよいよAV女優の撮影について解説していきますので是非ご覧下さい!

あわせて読みたい
【解説】#AV女優編:5分で分かる!?撮影の裏側とはこんにちは! 前回、前々回とAV女優についての解説を行ってきました。 前回までを要約すると 【前回までの要点】 ...