風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
AV女優編

【解説】#AV女優編:5分で分かる!?撮影の裏側とは

こんにちは!

前回、前々回とAV女優についての解説を行ってきました。

前回までを要約すると

【前回までの要点】

  • AV女優には単体女優、企画単体女優、企画女優の3タイプの女優に分かれる
  • AV女優の仕事は女優のマネージメントを主に行なっているAVプロダクションと、AVの撮影・販売を主に行なっているAVメーカーで成り立っている
  • 18歳以上20歳未満の方がAV女優になるには、顔付き身分証と一緒に「親権者同意書」が必要
  • AVの撮影には多くのスタッフが関わるので私的な理由で予定を飛ばさずに確実な日程で予定を組んでいく

今回はAVの撮影について見ていきましょう!

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから

では、参りましょう!

AV撮影は性病検査が必須!

AVの撮影にあたって最も重要になるのが性病検査です。前の記事でもAVは衛生的に最上位の性的コンテンツだとお話しました。

AVの現場では女優側も男優側も必ず徹底した性病検査ならびに検査表の提出をしないといけませんし、原則陰性でないといけません。万が一陽性だった場合は女優・男優どちらも撮影への参加を禁止されます。

デリヘルや大衆ソープなどでは、女の子側の性病検査は任意のところも多いですが、お客さんに対してもわざわざ性病検査表を提出して遊びに来いなんて言いません。

もしかしたら性病の人とプレイをしなければいけませんし、自分が相手に移してしまうこともありますので、目に見える範囲の清潔を保てても目に見えない範囲の清潔は分かりません。

逆にAVの現場であれば、ほぼ間違いなく性病ではない男性とプレイを行なうので目に見える範囲はもちろん目に見えない範囲の清潔も分かるので衛生的に最上位の性的コンテンツと言えるのです!

AV撮影:単体、企画単体の場合

一般的に単体女優や企画単体女優の主演作品は1日通して、あるいは1日~2日で一本のAVを撮影します。

企画女優の場合は、複数の女優が出演するので一人当たりの拘束時間は状況次第ですが3~6時間前後で撮影が終わります。

【単体女優・企画女優の場合】

・集合…当日関わるスタッフなど全員で集合してバスなどで現場に向かいます。

・メイクアップ…スタイリストなどが女優のメイクやヘアスタイルをセット(他のスタッフは全員で撮影セットの設営などを行なっています!)

・打ち合わせ…流れの確認などの簡易的な打ち合わせ

・撮影開始…各シーン別に撮影を行ない、その後AV用のパッケージの撮影などを済ませる

・撮影終了…帰りの準備(スタッフはセットの片付け)

・解散…キカタンは基本現地解散、単体は送迎で帰宅

AVの撮影は思っている以上にハードで密なスケジュールで作られています。

細かいところをひとつずつ見ていきましょう!

集合~メイク完了まで

AVの撮影では、撮影に使うスタジオの利用料などのコストを抑えるためにもその日のうちに撮影を終わらせるというのが一般的です。

そのため、集合時間等の時間厳守を徹底してもらわなければなりません!

多くの人が撮影に関わるので、時間も守れないような女優に次の仕事が回ってくることはありません。逆にしっかりと時間等を守れる女優はお互いに仕事がやりやすいので、オファーが増えたりもします!

当日はスタイリストが同行しているので、スッピンで集合場所に向かっても全然大丈夫なことが多いですね。

また、打ち合わせなどは現場へ移動中に行なわれることも多く、内容については脚本についての話や当日のスケジュールについてなどを確認していきます。

メイク完了後の打ち合わせはそれの最終確認のような簡易的なものです。

撮影開始:各シーン撮影

いよいよ撮影が始まります!

AV撮影の大まかなシーン撮影の流れは下記のとおりになります!

【シーン撮影の流れ(例)】

1.質疑応答

2.前戯

3.フェラ、手コキ

4.挿入

5.オナニー

6.イメージシーン

7.パッケージ用の写真撮影

※各シーン終了ごとに20分程度の休憩時間

あくまで一例であり、シーンのスケジュールは前後することもあれば一連の流れで撮影することもあり、正直脚本や監督次第です!

質疑応答

AVの冒頭で女優がなぜAVに出ようと思ったか。などのお馴染みのインタビューを受けるようなあのシーンのことです。

セリフ自体は決まってなく、リアルにインタビューを行いますが男性が好むような受け答えが必要となるので、監督と打ち合わせやアドバイスをもらいつつ進行していきます!

作品によってはこのシーンがない場合もあります。

前戯

基本的には男優さんがエスコートしてくれるなかで普段通りセックスをするのと同じ要領で行ないます。

女優の身体全身を愛撫しながら、服を脱がし、手マンやクンニで身体を慣らしていきます。

これは女優の緊張をほぐしてあげることが前戯シーンの目的でもあるので、どんな撮影でも男優と絡むシーンは前戯シーンから始まることが大半です。

 

フェラ、手コキ

ある程度の撮れ高もあり、女優の緊張もほぐれてきたら次はフェラや手コキで男優の男性器を攻めてあげます。

これには男優の男性器を挿入できる状態まで勃起させるのが目的で、69(シックスナイン)などもこれと一緒に行なわれることもしばしばあります。

また、フェラで抜いてあげるシーンや挿入後のお掃除フェラなどもある作品もあるので早く撮影に慣れてもらうためにも、新人の内はフェラ抜きものなどから慣らしていく場合も多いです。

 

挿入

男優の準備も完了したら挿入シーンです。

挿入シーンは男優がカメラを持って撮影するハメ撮りものと、様々なアングルから複数のスタッフが撮影しているドラマものに大きく分けられます。

体位は一般的に正常位→騎乗位→バック→正常位→フィニッシュ。が一般的な撮影の流れです!

作品によってこれは様々ですが、身体が柔らかい女優さんだとかなりマニアックな体位を行なうような作品もあります。

フィニッシュも女優さん次第になりますが、顔射やお腹・お尻の上などと様々です。

 

オナニー

単体、企画単体女優にはオナニーのシーンを撮る作品もあります。セルフで行なうのか、おもちゃを使うのかは作品によりけりですが、フェラや手コキのシーンの前にオナニーシーンが入る場合もあります。

イメージシーン

単体作品に多く見られるシーンです。

女優が裸姿もしくはセクシーな衣装やコスプレを着用してグラビア動画のようなポージング撮影を行い、作品のシーンとシーンの間に挟むカットです。

パッケージの撮影

こちらも同様に単体、企画単体女優に該当するものです。

これらの女優はAVの販売用のパッケージに起用されるもので、購入者の購入意欲を促進させるため、ある意味この作品の顔とも言える重要な撮影です。

これらが全て終了すれば片づけ、身支度を済ませてギャラを受け取り現場解散となります。

企画女優の場合

企画女優では複数の女優が作品にエキストラとして参加し1本のAVを作るので、主演女優ほどの扱いはありません。

また、ドラマのような長いカットを有する作品ではなく、「ナンパした素人娘とハメ撮り!」のようなハメ撮り作品への出演が中心のため、撮影時間やシーンの数も短時間で終了します。

【企画女優の場合】

・集合…撮影内容によって場所が異なる

・メイク…複数のAV女優が集まる控え室でメイクを済ませておく

・撮影開始…上記1「質疑応答」~4「挿入」まで

・現場解散…身支度を済ませてギャラを受け取る

自分の撮影時間が遅くなり、終電などで帰れない場合は送迎も対応してくれているのでご安心ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

風俗嬢と同様にAV女優も年々増加傾向にあります。これにはやはり企画女優のコストパフォーマンスやバイトとしての効率の良さが大きく関わっていると言えるでしょう。

もちろん、身バレの観点から風俗で働くという選択も間違っていませんが、単体や企画単体でなら身バレの可能性はあります。でも、企画女優はなかなかバレるということはありません。

新作のAVも年間数万本と発売され、それに出演するAV女優も都内だけでも契約方法問わず数万人。この中からたった一人を見つけようと思えば見つかる確率はほんの数パーセントです。

風俗で6時間受付するのと、AV女優として6時間撮影するのではギャラ次第では圧倒的に後者の方が稼げます!

風俗ガイドブックでも、大手AVプロダクションへのコネクションもあるので是非一度ご相談、お問い合わせください!

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから