風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
AV女優編

【まとめ】AV女優完全ガイドブック

こんにちは!はやさんです!

今回は以前解説したAV女優についてのまとめ記事になります!

AV女優とはどのような職業なのか、AV撮影の裏側などの解説をまとめましたので、是非#AV女優編をご覧ください!

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから

では、参りましょう!!

AV女優とは?

簡易的な言い方をすればAV女優とはAV:アダルトビデオなどの性的コンテンツに出演する女性演者のことを指します。

AV女優にもいくつかの階級なるものがあり、主に3タイプの女優に分けられます。

 

  1. 単体女優
  2. 企画単体女優
  3. 企画女優

 

この3タイプの女優に共通して言えるのは、メーカー周り(面接)とAVへの出演になります。

単体女優のような上位の女優になれば、メディア(テレビなど)への出演や撮影会、イベントの開催などもあり、アダルト関係のみに限らずモデルやタレントとしての芸能活動に繋がるケースあるいはチャンスが多くあります!

近年ではインフルエンサー事業に元AV女優やAV女優が起用されたり、YouTuberとして自分のアダルト以外のメディアを発信していたり。

上位に行けば行くほど、人目には触れますが今後の可能性が広がる女優になります。

【単体女優】

「単体女優」とは、メーカーと専属契約を結び、女優一人と男優陣でAVの撮影をする女優のことで、AV業界の最上位とも言える単体女優。特定のメーカーと長期的な契約を結ぶことから「専属女優」と呼ばれることもあります!

【企画単体女優】

「企画単体女優」とは、メーカーと複数契約ができ、女優一人と男優陣でAVの撮影を行なう女優のことです!企画単体女優は別名:キカタンと呼ばれています。

【企画女優】

「企画女優」とは、企画作品のエキストラとして出演する女優のことです!

【解説】#AV女優編:3つの契約方法を学ぼうより

AV女優の撮影までの流れ

AVの撮影までにはいくつかの手順があり、それを踏まえて撮影が行なわれます!

 

  1. プロダクションに所属する
  2. メーカーに営業(面接)
  3. メーカーからオファーを受ける
  4. 打ち合わせ
  5. AV撮影

 

AV女優は、基本的にAV女優のマネージメントをする事務所:プロダクションと実際にAVの作成・販売をするAVメーカーの2社によって成り立っています。

プロダクションからメーカーに売り込みを行い、オファーが来ればどういう撮影を行なって行くかなどの細かい打ち合わせを行い、後日撮影が行なわれます。

ここからは上記の流れを掻い摘んで解説して行きます!

プロダクションに所属する

前述したように、プロダクションとはAV女優のマネージメントを行なう事務所のことです。

プロダクションといっても芸能プロダクションやYouTuber向けのプロダクションなどいくつかのジャンルがあるので、差別化をすのであればこの場合AVプロダクションという呼び名になります!

プロダクションではマネージメントの他に、メーカーに女優の売り込みや撮影のオファーを持ってくるのもプロダクションの仕事です。

まずはこのプロダクションに応募して、所属しなければなりません。

応募方法はいくつかありますが

  • 電話
  • メール
  • ライン

などの風俗店に応募するのと同じような要領で応募ができます。

また、風俗ガイドブックでも大手プロダクションのご紹介は承っておりますので下記の友達追加ボタンをタップしてご連絡、もしくはメールにてご連絡ください!

※メールをご希望の方はこちらから

応募後は面談→面接→宣材の作成→メーカーに営業…の順に進んでいきます!

【解説】#AV女優編:撮影前の4つの行程より

AV撮影の流れ

一般的に単体女優や企画単体女優の主演作品は1日通して、あるいは1日~2日で一本のAVを撮影します。

企画女優の場合は、複数の女優が出演するので一人当たりの拘束時間は状況次第ですが3~6時間前後で撮影が終わります。

【単体女優・企画女優の場合】

・集合…当日関わるスタッフなど全員で集合してバスなどで現場に向かいます。

・メイクアップ…スタイリストなどが女優のメイクやヘアスタイルをセット(他のスタッフは全員で撮影セットの設営などを行なっています!)

・打ち合わせ…流れの確認などの簡易的な打ち合わせ

・撮影開始…各シーン別に撮影を行ない、その後AV用のパッケージの撮影などを済ませる

・撮影終了…帰りの準備(スタッフはセットの片付け)

・解散…キカタンは基本現地解散、単体は送迎で帰宅

企画女優は複数の女優が作品にエキストラとして参加し1本のAVを作るので、主演女優ほどの扱いはありません。

また、ドラマのような長いカットを有する作品ではなく、「ナンパした素人娘とハメ撮り!」のようなハメ撮り作品への出演が中心のため、撮影時間やシーンの数も短時間で終了します。

【企画女優の場合】

・集合…撮影内容によって場所が異なる

・メイク…複数のAV女優が集まる控え室でメイクを済ませておく

・撮影開始…上記1「質疑応答」~4「挿入」まで

・現場解散…身支度を済ませてギャラを受け取る

自分の撮影時間が遅くなり、終電などで帰れない場合は送迎も対応してくれているのでご安心ください。

シーン撮影の流れ(一例)

AV撮影の大まかなシーン撮影の流れは下記のとおりになります!

【シーン撮影の流れ(例)】

1.質疑応答

2.前戯

3.フェラ、手コキ

4.挿入

5.オナニー

6.イメージシーン

7.パッケージ用の写真撮影

※各シーン終了ごとに20分程度の休憩時間

あくまで一例であり、シーンのスケジュールは前後することもあれば一連の流れで撮影することもあり、正直脚本や監督次第です!

【解説】#AV女優編:5分で分かる!?撮影の裏側とはより

AV撮影は性病検査が必須!

AVの撮影にあたって最も重要になるのが性病検査です。

AVの現場では女優側も男優側も必ず徹底した性病検査ならびに検査表の提出をしないといけませんし、原則陰性でないといけません。万が一陽性だった場合は女優・男優どちらも撮影への参加を禁止されます。

デリヘルや大衆ソープなどでは、女の子側の性病検査は任意のところも多いですが、お客さんに対してもわざわざ性病検査表を提出して遊びに来いなんて言いません。

もしかしたら性病の人とプレイをしなければいけませんし、自分が相手に移してしまうこともありますので、目に見える範囲の清潔を保てても目に見えない範囲の清潔は分かりません。

逆にAVの現場であれば、ほぼ間違いなく性病ではない男性とプレイを行なうので目に見える範囲はもちろん目に見えない範囲の清潔も分かるので衛生的に最上位の性的コンテンツと言えるのです!

【解説】#AV女優編:5分で分かる!?撮影の裏側とはより

今回のリンクまとめ

お問い合わせは↓コチラから

※メールをご希望の方はこちらから