風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
デリヘル

【解説】デリヘルで働くメリット3選!

こんにちは!はやさんです!

これまでいくらか風俗業の基礎知識等々を解説してきました。

今回はデリヘルで働くメリットについて3つ紹介と解説をしていきます!

お問い合わせはコチラから↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から

では、参りましょう!

デリヘルで働くメリット3選

  1. 自分の生活スタイルに合わせて出勤時間が決められる
  2. 仕事ができる場所が豊富にある
  3. 言い訳を作りやすい

今回はこの3つを上げて解説を行っていきます!

お給料等のお話は以前解説したまとめ記事をご参照ください。

 

生活スタイルに合わせて出勤できる

デリヘルは、無店舗型風俗店のため店舗型風俗店のように営業時間の縛りはありません。

そのため、24時間営業している店舗もあれば深夜まで営業しているお店など比較的好きな時間に出勤して働くことも可能です!

日中は本業で忙しいので、夕方以降あるいは夜からじゃないと出勤できないという人などでもデリヘルなら出勤が可能で、充分に稼ぐことができます!

それに伴ってか、風俗のお仕事をしている風俗嬢全体の50%はデリヘル嬢であるというデータがあります。

自分の生活に合わせて働く時間をコントロールできるのはデリヘルの醍醐味とも言えるでしょう!

あわせて読みたい
【裏話!?】最終的に皆がデリヘルで働く理由こんにちは!はやさんです! 日本全国には「およそ30万人以上」の風俗嬢が今も風俗店で働いており、業界を卒業した女の子も含めると「お...

仕事ができる場所が豊富

デリヘルでは、接客を行なえる場所が豊富です。

具体的には「お客さんの自宅」やデリヘルの利用が可能な「ラブホテル」や「ビジネスホテル」などある程度の設備があれば仕事を行なうことができます!

逆に箱ヘルなどの店舗型風俗店では1店舗内にあるいくつかのプレイルームでのみでしか接客を行なえないので一日につけれる仕事量には限度があります。

デリヘルはそれに比べると仕事量は店舗型よりも多くなります。もちろん、その日の出勤人数次第でということにはなってしまいますが。

言い訳を作りやすい

これは以前投稿した記事にもある内容ですが、デリヘルでは出勤から退勤までにかかる移動は全て送迎車での移動が基本です。

出勤時の迎えは最寄り駅や、都心部のターミナル駅などと比較的公な場所に迎えが来ます。

そのため送迎を待っている姿を知人に見られたとしても「親の迎えを待っていたところ」や「彼氏、友達の迎えを待っていたところ」というその状況を誤魔化せる言い訳が作れるということです。

また、帰りは終電の兼ね合いで電車が止まっていることも多々あるので自宅までの送りも出ますが、自宅の目の前にダイレクトに届けるなどではなくても近くのコンビ二や駅などとある程度の配慮はしてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

デリヘルは今や47都道府県どこでも営業をしている風俗業ですので、場所に捉われることがありません。

また、仕事を行なう場所も規定はありますが基本どこでもいけるので女の子の人数次第ではいくらでも仕事が舞い込んできます!

そのため、デリヘルは箱ヘルやソープなどの他業種に比べると出稼ぎの募集も積極的にしています。

地場の在籍嬢もしくは出稼ぎ嬢どちらでも当風俗ガイドブックにお任せください!

お問い合わせはコチラから↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から