風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
出稼ぎ

【コロナ禍】都会と地方の違いと風俗【出稼ぎ嬢向け】

こんにちは!はやさんです!

今回はコロナ禍における風俗の違いについて。それぞれの解説をして行きます。

コロナの影響で在籍店での稼ぎが減ってしまい出稼ぎを検討されている方や、夏休み期間を使って短期で出稼ぎに行こうかと考えている方もいるでしょう!

当風俗ガイドブックではコロナ禍でも稼げる出稼ぎ先をご紹介可能ですので出稼ぎを検討中の方は是非一度お問い合わせください!

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から

では、参りましょう!

コロナ禍における都会と地方の風俗の違い

この記事をご覧になられている方の中にも東京や大阪、福岡などの都会にお住まいの方やそれ以外の地方に住まわれている方と幅広い方達でしょう。

具体的に都会と地方で何が違うか。

それは、新型コロナウイルスに対する警戒心が違うということです!

【具体例】

・感染者の数が増え過ぎたから

・ウイルス自体の毒性が下がった或いは低いから

これらが上げられますが、この影響で地方では出稼ぎ嬢が急激に増加しています。

またコロナ禍において風俗で稼ぐには出稼ぎに行くのが最も稼げる方法です!

感染者の数が増え過ぎた

以前作成した【新型コロナウイルス】今から風俗で働くのは間違っていない理由で作成した感染者数のランキング表を元に見ていきましょう!

※下記の表は08/04時点のものですので数字の誤差はあります。

感染者の多い都道府県 都道府県 感染者数
1 位 東京都 14022人
2 位 大阪府 4720人
3 位 神奈川県 2750人
4 位 埼玉県 2556人
5 位 愛知県 2391人

 

感染者の少ない都道府県 都道府県 感染者数
1 位 岩手県 4人
2 位 秋田県 18人
3 位 鳥取県 19人
4 位 島根県 29人
5 位 徳島県 32人

参照元:NHK【特設サイト新型コロナウイルス 都道府県別の感染者数

上位の都道府県では1日に数百人と感染者が出ています。一方で下位の県では1日辺りの感染者の発表は数人程度、多くて十数人程度で収まっていることが多いでしょう。

以前お話したように、地方は新型コロナウイルスに対してまだまだデリケートな状況です。感染者が一人出れば「どこで出たのか」「どの辺りに住んでいるのか」「勤務先はどこなのか」「行動暦はどのようなものなのか」、それが例えガセネタだったとしても鵜呑みにして酷い時はいじめに近いようなことまでしてきます。

ですが、これはまだ追いきれる数字であるからに過ぎません。

1日に200人や300人と感染者が全国で出た時にあなたは全員分の情報に目を通すでしょうか?私は正直面倒ですし、追い切れません。ここまで来たら身近な人がコロナに罹った時くらいでないと情報を得ようとはしないでしょう。

都会と地方の違いは、都会にお住まいの方や感染が拡大中の地域の人たちはコロナに罹るのを警戒するタイプの人か「いつかは罹る」と考えて普段通りの生活を送るタイプの人かに分かれ、「いつかは罹る」と考える人が多いです!

そのため、飲みに行く人も風俗に行く人も飲み屋で働く女の子も、風俗で働く女の子も”罹らないに越したことはないけど”罹っても仕方のない状況にまで身近なものになり、情報を追いきれないために警戒心が低いと言えます。

ウイルスの毒性が低い或いは下がった

不思議なのは重症患者の数だ。5月に200人を超えた日もあったが、現在は81人(29日)と大幅に減少している。そのため「新型コロナは弱毒化しているのではないか」という見方も出ている。

「ウイルスは変異によって強毒化も弱毒化もします。ただ、強毒化すると、侵入した人間を殺し、自分まで死んでしまう。SARSやMERSのウイルスが消え去ったのは死亡率が高いため患者の隔離を強化したことと、強毒のため人とともにウイルスが消滅したからです。現下の新型コロナは、逆に変異によって弱毒化したウイルスが増えている可能性があります」(左門新氏)

毒性が弱まってくれれば安心だが、それは新型コロナが死滅しないということでもある。厄介なウイルスだ。

Yahoo!ニュース【ウイルス変異で”感染力6倍”の衝撃…突起物「スパイク」が原因?】より引用

このようにコロナの毒性が弱くなったという仮説が最近SNSやネット、世間では出回っています。

あくまで仮説に過ぎないという注意喚起もありますが、「毒性が弱くなった」という情報が先走りすぎたため、第1波の時のような自粛ムードにならない状況や前述したコロナに対する警戒心を薄めることを助長していると言えます!

とはいえ、重症化するリスクがないということではありません。

比較的重症化しやすい高齢者の方などには油断が出来ませんし、新型コロナは突然容体が急変することだってあります。

これらの理由により、外出することが=悪いことではなくなっていますが、あなたの配慮ひとつで親御さんやおじいちゃんやおばあちゃんを守れる場合もあるのでせめてそこだけは意識しましょう!

じゃあ、風俗業は?

風俗業界に生きる人たちはどうなのか。私がお話を聞かせていただいている範囲ではコロナに対して「いつかは罹るだろう」という都会の方と同じスタンスの方が大半でした!

それもそのはずなのですが、風俗業は国や政府から何も支援がありません。

持続化給付金などの事業者向けの給付金関係でも風俗業は除外され、自分たちで稼いで行くしかありません。もちろん、これからも。

風俗に生きる人にとって、新型コロナに臆することが何よりもリスクであると言っても過言ではありません!

風俗嬢も例外ではありません。時給があるわけでもなければボーナスがあるわけでもないので自分で仕事をこなして稼ぐしかありません!

中にはホストクラブで作った掛け金を稼がなければいけないという人もいるでしょう。

そんな切羽詰まった状況且つコロナ禍で何も保証の無い状況は正直不安ですよね?だからこそ、出稼ぎなんです!

コロナ禍では出稼ぎが最適な稼ぎ方!

あなたがお住まいの在籍店はコロナの影響で客入りが少なくて稼げないお店だとしても、出稼ぎに行けばある程度目に見える保証があり、感染者の増加率が少ない地域に行けば客入りは良好ですので保証以上のお金を稼いで帰ることだってもちろん可能です!

”With コロナ”の時代、感染症対策はどの風俗店でも元より当たり前のように実施していますし、あなたが出勤した際に1日に接する人もお客さんやスタッフ、送迎ドライバー、待機所の女の子たちなど。かなり限定されていますよね?その為水商売の女の子たちよりもある程度安心して働けます!

付け加えて出稼ぎなら基本宿泊場所などの個室に待機するのが基本なので更に人と接する機会を最小限に抑えられます!

もちろん、中には出稼ぎに行けるほどの日数が作れない学生などの方でも今、もしくは今後夏休みなどで多少の日数は確保できると思うので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

また、お店側も出稼ぎにくる女の子を積極的に採用しています!

それはなぜか。地方ではまだまだ自粛ムードが払拭できていませんので、コロナを警戒されていたり、実家暮らしのためご家族に迷惑をかけてしまうリスクもあるのであまり地場の女の子が出勤しない状況が続いています。

お店としては仕事はあるのに女の子が居ないのでは売り上げを作ることが当然出来ないので出稼ぎの女の子も欲しい状況です!

稼ぎたいあなたと売り上げを維持したい地方の風俗店、どちらにも出稼ぎはコロナ禍において最適且つ合理的な稼ぎ方と言えます!

まとめ:地方への出稼ぎお任せください!

いかがだったでしょうか?

コロナの影響で風俗は稼ぎやすい仕事では無くなりつつあり、今後のコロナと共存する時代の中で更に稼ぎにくい、勝ち残った女の子だけが稼げる世界になって行くでしょう。

元々風俗は長居するべき業界でもありません。”早くに入って早くに上がる”そんな入れ替わりの多い業界ですので、「いつかは罹る」と思って日々仕事探しをしているのであれば一度私にご相談ください!

ある程度感染リスクの低い地方への出稼ぎのご紹介はもちろん、”With コロナ”においての稼ぎ方のご提案など、様々な方面からあなたに適したお店のご紹介をさせていただきます!

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から