風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
出稼ぎ

【年末休暇17連休?】風俗嬢の稼ぎ時が今年は伸びる件

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会において、年末年始の休暇を前後に伸ばすなど、休暇の延長や分散を呼びかける方針を固めたことが報道されました。

 2021年1月4日に仕事始めをする企業が多いと見られていることから、分科会は政府に対して1月11日の成人の日まで休暇期間を延長し、その期間内で休暇を分散して取得するなどの方法を企業に求めると提言しているとのことです。

10月26日には、仮に延長期間がすべて休暇となれば17連休になる可能性があることから「年末年始17連休」と「正月休み延長」がTwitterトレンド入り。実際にどのような反応があったのかを見ていきましょう。

Yahooニュース:年末年始休みの延長方針、賛否両論により引用

さて、今年のハロウィンも間近に迫る中、クリスマスシーズンも飛び越えて早くも世間は今年のコロナ禍における年末年始の過ごし方について注目の目が集まっています!

とはいえ、世間ではやはり上手くやれば年末年始シーズンに17連休も休みが取れるかもしれないという浮き足立った期待感ばかり先走るコメントと同じくらい「死活問題だ!」と反論する中小企業や個人からのコメントもあります。

そんな中仮にも17連休あるいは各自の休暇の分散を行なった場合風俗嬢にとっては”稼ぎどきの延長”が約束されているようなものです!

こんな美味しい要請、活用する手立てはありません!ただでさえ、11月から12月の年末年始シーズンに向けて出稼ぎの予定を立てる人が増えてきますが、それが伸びれば更に出稼ぎに行きやすくなる人もいるでしょう。

さて、今回は年末休暇が延長されることにより風俗嬢の稼ぎ時が伸びる件についてお話していこうと思います!

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から

では、参りましょう!

風俗嬢の稼ぎ時が伸びる件

そもそも、分科会は17連休を取れという要請ではなくあくまで年末年始の人々の密集を避けるために各企業ごとに年末休暇をある程度分散させるだとかあるいは伸ばすことで年末年始の人々の密集を避けれるよう考えて、というのが本来の要請です。

「ゴールデンウィーク○連休」などと同じ要領で有給休暇などを上手く使えば、上記の画像のような17連休なども現実的に作れることからこのような言葉が飛び交っています。

とはいえ、例年通り行けば三ヶ日を過ぎた1月4日あたりからだいたいの企業が仕事始めを迎えるのが一般的です。

風俗で言えば、三ヶ日以降は若干客足が減ってしまいます。

ですが、今回はそれが分散もしくは延長。お客さんの休みが分散・延長されるということは客足の増加も各日満遍なく発生するということなんです!

ならば、特に年末シーズンは人手の欲しい風俗店からすればその延長された期間も人手が欲しいとなるのは至極当然のことですよね。

年末は高額保証を打ってでもキャストは確保しておきたいもの、だからこそ風俗嬢は年末シーズンに出稼ぎの予定を組んでいきます!

年末等に出稼ぎの枠が早急に埋まってしまうのはそのためです。

その時期にたくさんのお金を稼ぎたいと考えるのであれば、まず優良店の出稼ぎ枠を勝ち取るのが先決です!

年末年始の繁忙期シーズンに優良店へ出稼ぎに行くために必要な項目が次の3つです。

  • 1ヶ月以上前から予定を組んでおく
  • 自分の休暇がどのくらいあるのか細かく把握する
  • 事前に出稼ぎに行ってみて年末にリピートする

要する前以て予定を組めるように自分が自由に動ける日程を把握して確保しようということです。

ひとつずつ見て行きましょう。

1ヶ月以上前から予定を組んでおく

年末年始のシーズンを含めて冬場の繁忙期というのは、どのお店でもお客さんは増えます!飲み会や地元の集まり、学生時代の集まりなど何かと人出の増加があるためです。

そのため、キャストの出勤人数に対してお客さんの割合が上回り充分に売り上げることが出来なくなるため地場在籍の募集や出稼ぎ嬢の受け入れが積極的に行われるため、あっという間に出稼ぎの受け入れ可能枠が埋まってしまいます。

もう既に、優良店では繁忙期に向けた準備は始まってますよ!!

だからこそ、数日前から出稼ぎの予定を組んでいくのではなく1ヶ月以上前の11月から12月の出稼ぎの予定を組んでいく方が選択肢は限定されずあなたに合った稼げるお店に行って稼ぐことが出来るということです。

何事もギリギリで行うよりかは前もって計画的に行う方が事がスムーズに運びやすいので、早い段階で予定を組んで行きましょう!

自分の休暇がどのくらいあるのか細かく把握する

先述したように今年は各企業ごとに年末休暇の分散・延長が要請されています。

これは風俗を本業にしている人にはあまり関係のない話ですが、副業で風俗をしている人にはかなり重要な話です。

年末休暇の分散や延長があるということは、例年本業の仕事始めの兼ね合いで予定が作れずに出稼ぎに行けなかった人が、この最大17連休を活用して数日間の出稼ぎが可能となります!

今年は出稼ぎの積極採用も1月11日の成人の日ぐらいまで伸ばしてくる事が予想されるので、分散される休みを有給休暇を活用してまとまった日数お休みにして出稼ぎ予定を組める可能性もありますし、企業側から年末休暇の延長が発表されて例年以上に休みが増え出稼ぎに行くことも可能です。

とはいえ、「行けるかも」で出稼ぎ予定を組んでしまい実際にはその日数分の休暇がなかった時お店に重大な迷惑をかけてしまいます。あなたを採用したがために他の女の子を断っていることも多くあるので。

そのため、年末等の繁忙期シーズンに出稼ぎを検討中の方は今年はこのような特例があるので出稼ぎに行ける可能性が充分にありますが本業が一体どのくらいお休みがあるのかなど細かいところまで確実にスケジュールを把握・管理して予定を組んで行きましょう!

事前に出稼ぎに行ってみて年末にリピートする

繁忙期前の予定が空いているのであれば、先に出稼ぎに行ってみて繁忙期にリピートするのがオススメです!

やはり、他県に行くのでその県やお店によって県民性やお店の雰囲気(客層・スタッフ、在籍している女の子含め)があなたに合わないことも少なくありません。

せっかく稼げる時期に出稼ぎに来たのに出稼ぎ先のフィーリングの不一致でストレスとなり派遣続行不可能となってはわざわざ出稼ぎに来た意味がありません。

そのような事態を防ぐためにも、お気に入りの出稼ぎ先を見つけて12月にリピートして行くのも一つの手段でしょう。

また、新規で出稼ぎを行こうものならフォーマットを埋めたり写メの準備をしたりパネル撮影をしたりと何かと手間がかかります。

一方リピートであればお店への連絡一つで期間内の段取りが簡単に行えてしまいますので面倒なことがあまりありません。

そのような手間隙も考えた上で事前に出稼ぎに行ってみて12月の目星をつけることはオススメなのです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は出稼ぎに特化した内容ではありましたが、それだけ年末年始などの繁忙期シーズンは出稼ぎの活用をオススメしています!

言わば「行けばたくさん稼げる」わけですから。

そんな行けばたくさん稼げる出稼ぎ先を風俗ガイドブックではあなたに紹介できます。

17連休をとってその期間を出稼ぎに使うもよし。10日間頑張って残り7日は冬休みに使うもよし。

それぞれのニーズにお応えすべく風俗ガイドブックも繁忙期に向けてご尽力致します!

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から