風俗嬢の為の風俗ガイドブックとは??
はやさんのひとり言

【ひとり言】風俗業界の個人的ニュースまとめ【2020年ver】

さあ、クリスマスを終わりいよいよ年末モードですね😃✨

姫納めなんて言葉を聞いてると余計に2020年の終わりを感じさせます。

今年は本当に時間の流れを早く感じる日々ではなかったでしょうか?

新型コロナウイルス、緊急事態宣言、外出自粛、GoToキャンペーン。名のよく知れた多くの著名人の急死や薬物問題。

色々なことが起き、それに対して色々なことを考え気がつけばもう年末…。

いやー、本当に早い😭😭😭

それは風俗業界においても様々なニュースや話題がありましたね!

今回は書き納めということで、私が思う風俗業界の個人的なニュースを取り上げてつぶやいていきます🙌

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から

風俗業界の個人的ニュースまとめ

  1. 新型コロナウイルスの流行
  2. 競争率の急激な加速
  3. サービスの過剰化
  4. 風俗嬢≠職業という概念

まだまだたくさんありますが、私が特に気になったのはこの辺りです!

個人的な感想というか意見ですのでお手柔らかに…🙏

ひとつずつお話していきます。

新型コロナウイルスの流行

コロナに触れずして今年の振り返りなんて出来ません😓💦

風俗業界だけでなく、ほぼ全ての業界がこの新型コロナに多大なダメージを与えられました。

人の命はコロナによって奪われ、コロナのせいで経済的に困窮した人々が苦しむ日々は未だに終わりの兆しがありません。

最近では新型コロナ”変異種”なんてふざけたものまで生まれてくる始末。ワクチンも副作用が強くて打ちたくても正直怖いしいつになったら「元の生活」に戻れるのか…。

風俗業界ではやはり客足の激減の影響で老舗風俗店が閉店に追い込まれるハメになったり、出稼ぎ嬢がコロナを持って帰って来たともはや一種のテロリスト扱いを受けるなんてこともありましたね…。

今となってはGoToキャンペーンを使って県外に行ってコロナになったその当時のテロリストのような人なんてたくさんいるのに、なんとも気の毒な話です。

とはいえ、風俗嬢はどう頑張ってもリモートワークやオンライン接客なんて無理な話で医療従事者や理美容業界と一緒で”人の手”があって初めて成立する仕事です。

科学の発展で年々人の手がいらなくなっている業界もありますが、性欲をロボットが満たすなんてまあまあ難しい話ですし、心身ともに満たされる時間を提供できるのはやはり風俗嬢という人です!

「来年こそは」なんて一種の希望のようなものですが、少しでもコロナ終息の兆しが見えるよう日々期待して生きて行きたいものです。

そんな人々の心のより所として今後も元気に居てくださいね。

競争率の急激な加速

ゆくゆくはなっていたであろう風俗嬢の増加による競争率の加速。

これが新型コロナウイルスによって急激に加速しました。その原因はやはりコロナの影響による経済的困窮でしょう。

コロナがきっかけで人件費削減や決まっていた仕事のキャンセル、緊急事態宣言発令による時短営業要請や外出自粛。これらで経済が止まってしまったせいで職を失う人やお金が稼げない女性が風俗業に流れたのが影響してます!

風俗店としては願ったり叶ったりな話なのですが、風俗嬢としては歓迎したいと思う人は少ないでしょう。

それだけ仕事が減りますから、減れば減るほど収入が減ります😥

来年は更に戦略無くして稼げるような時代ではありません。言うなればブランディングなければ選ばれることも少ないでしょう。

あなたが今在籍しているお店は戦略を立ててくれるお店ですか?

お店として更なる発展のために何かアクションを起こしていますか?

そうでないのなら、コンサルはもちろんそこまで考えてくれるプロデュース力のあるお店をご紹介しますので一度ご相談ください😊✌️

サービスの過剰化

先に言います。「サービスが良い=法令違反OK」ではありませんよ。

生き残るための戦略として人がしていないことを考え実行するのは大切ですし賢い選択でしょうが、それが定められたルールや法を破るということでは決してありません!

私も少しずつですが、Twitterでも活動を始めたり女の子の写メ日記を拝見させていただいておりますが、今年は特にサービスの過剰化が目立っている印象があります。

特にヘルス界隈ではその印象が強く、言うなれば基盤していることをオープンにまたは匂わせているような内容の写メ日記なども多くあります。

正直それ自体が悪いことなのかという話ですが、「匂わせ」なら何にも問題ありません。

相当匂わせ上手な優秀な方ですから👍

問題なのは匂わせではなく「事実」だった場合。ヘルスでは本番行為は法によって禁止されています。チップをもらっての円盤なんてもっての外です!

実際本番を基本プレイとして女の子にさせる悪質なお店もありますが、更に深刻なのはこの過剰サービスがお客側の「基本プレイ」として認知されることです。

そういう人たちにとっては大人しい客かもしれませんが、他の女の子が接客した日には本番強要が激し過ぎてクソ客認定待った無しですよね。

そういう基盤を匂わせる女の子に出会ったわけではありませんし、あくまで目で見て取れる表面を見ただけですので、無責任ですが真相は未だ分かりません。

ただ、過剰なサービスは客の質を下げることもあります。

風俗嬢のおかげで日本の性犯罪率は低いということをよく言われますが、風俗嬢が身体張って性犯罪を受ける義務はありません。

クソ客を避けるためにはまずはあなたがお客を「選べる側」に行きましょう!

風俗嬢≠職業という概念

新型コロナウイルスの影響で、様々な給付金がありましたね!

定額給付金、持続化給付金、住居確保給付金など。

定額給付金を除いた持続化給付金・住居確保給付金に関しては風俗事業者は受給不可ということになりました。

とはいえ、厳密に言えば風俗嬢は風俗業とはいえ実際は風俗店との業務委託契約であるため確定申告が出来れば受給は可能です。

まあ、なかなか確定申告しようという人は少ないでしょうが💦

この給付金関連で風俗業に対する政府のある種の差別的な対応に全国のナイトワーク関連事業者が提訴を行ったという話がありましたね!

要するに風俗業も立派な職業だし、納税もしてるのになぜ対象外なんだ。ということです。

確かに給付金があれば閉店に追い込まれる店舗数も減っていたかもしれませんし、お店で働いてくれているキャストたちにも何かしらの救済措置が取れたかも知れません。

お子さんがいる女の子からしたら我が身を削って稼いでいた養育費などが突然なくなるわけですから。母子共々死活問題とも言えます。

私個人では到底到達することのない様々な思惑があるでしょうが、この給付金に対する問題は風俗業は職として認めていない。と言われた気分にもなりますよね😓

逆にこれが世間的に風俗業が嫌悪されているようにも感じます。

風俗嬢は決して誰にでも出来ることではありません!あなたも簡単な気持ちで風俗を始めているわけでもないでしょう。

確かに後ろめたい気持ちも無くはないのかもしれませんが、そんな強い女の子たちを私はリスペクトしています!

だからこそ、何かできることを日々探しながらこの文章を書いています。

このような差別されるような事態が少しでも軽減されるように、いつかもっと多くの人に職業として風俗嬢が認められる日が来ることを願っています。

今年一年本当にお疲れ様でした!

いかがだったでしょうか?

本当に今年は大変なことや苦しいことの連続で思うような1年を過ごせた方も多くはないでしょう。

お客さんは減るから稼ぎは減るし、コロナと共存する風俗の仕事は何といっても怖いし、でも稼がないと何にもできないし…。

そんな厳しいループが今年は皆様を苦しめていたと思います。

私としても来年は更に多くの風俗に関わる女性のために、たくさんのことを発信していければと思っていますし、是非ともここで得たものを実践で活用していただければと思います🤗✨

今年一年大変お疲れ様でした。

来年があなたにとって素敵な一年になることを心より願っております。

お問い合わせは友だち追加ボタンをタップ↓↓↓

いきなり友だち追加は難しい場合はメールやTwitter、instagramでも一度ご相談承りますのでご安心ください。

・メールをご希望の方はコンタクトフォームから

・Twitterをご希望の方は@hayasan1206から

・instagramをご希望の方はhayasan1206から